「山形牛」と「米沢牛」の違いは?

と、他県にイベントなどで行くと聞かれることがあります。



「米沢牛」は、山形県南部の置賜地域 三市五町に飼育者は居住し、米沢牛銘柄推進協議会が認定した者で、登録された牛舎で、飼育期間が最も長いものと...米沢牛銘柄推進協議会が認定をし「米沢牛の定義」に基づいて、厳しい条件の中で飼育されています。

(詳しくは、『米沢牛銘柄推進協議会』のホームページをご覧ください。)

また、「米沢牛」は歴史もあります。

1681年に米沢藩主が、置賜地域に南部地方(現在の岩手県)から牛を導入し、農耕、運搬、採肥を目的として飼育を奨励したのが始まりといわれています。つまり、明治以前から牛を飼育し、牛肉を食べていたと考えられます。

実際に牛肉を食べたという記録もあります。

「明治元年10月30日長手村(現在の上郷地区)の庄助という人が、牛2頭を官軍に献上して、医師や負傷兵に調理して出した。」という記載が米沢市史にあります。

そして、牛のセリ市が公開で行われ、特に飯豊町旧豊川村の「手の子のセリ市」は有名で屋台が建ち並びお祭りのようににぎやかであったと伝えられています。

では、なぜ米沢牛が有名になったのか?

明治四年から八年まで興譲館(現在の米沢興譲館高等学校)で教鞭を執ったチャールス・ヘンリー・ダラス氏が、任期を終え横浜の居留地に戻る時、お土産として牛一頭を持ち帰ったといわれております。

その肉をイギリス人仲間に食べさせたところ、その食味の良さに驚き大好評でした。

明治中頃には、西置賜郡添川村(現在の飯豊町添川)佐藤吉之助という人が、横浜の問屋と特約し販売したところ好評を博し「米沢牛」が広く世間に知られるようになりました。

(参考:米沢市役所ホームページ 『米沢牛の歴史』から抜粋)


米沢牛刀剣乱舞スペシャルの動画

今回の参加施設紹介は、『グルメ小僧 万吉』(米沢市)

名前の由来は、明治四年に米沢藩が開校した興譲館に、赴任して来たチャールス・ヘンリー・ダラス氏。

ダラス氏が故郷の味を懐かしんで、米沢の牛肉を調理させたのが、名前の由来となったダラス氏専属コックの万吉氏です。

あふれるフロンティアスピリットと、 決しておごらない小僧さんのような愛想のよさを持つ、 この世で初めての米沢牛料理人の思想に思いを馳せて、命名されました。

万吉では、米沢牛をステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ハンバーグ、寿司など様々な形でご提供しております。

この日頂いたのは、「米沢牛刀剣乱舞スペシャル」です。

「上杉家の名刀と三十五腰」と題しました展示を記念し、協賛といたしまして特別限定メニューです。

協賛価格1,980円!!

尚、一日限定5組まで! 先着電話の完全予約制です。

※参加施設は、日々増えております。最新情報は、『参加施設を探す』をご覧ください!
▲.□*▲.□*▲.□*▲.*▲.□*▲.□*▲.□*▲.□*▲.□*▲.□*▲.□*▲.□*
是非、最新情報はコチラから!!

山形日和。ぱすぽーとFacebook
https://www.facebook.com/yamagatabiyori.passport.2017/

山形日和。ぱすぽーとTwitter
https://twitter.com/biyoripass2017

(株)山形街づくりサポートセンターHP
http://yamagatamachisapo.com/